一般主婦でも英語を仕事に!?主婦目線で在宅翻訳アカデミーのメリット・デメリットを徹底調査してみた

専業主婦だからと言って家が裕福なわけではありません。

専業主婦にならざるを得ない女性はたくさんいらっしゃるはずです。私も7歳と4歳と2歳の3人の子供がいる専業主婦です。

子供がいるとなかなか仕事に出るのも難しいですよね。

それでも今後の生活や、子供たちの事を考えれば少しでもお金に余裕を持ちたい。でも家事育児が忙しくて仕事には出る時間もない。

そんな思いをしている主婦の方はたくさんいます。

忙しくて仕事に出られないなら家で仕事をすればいい。

それを知ったのはつい最近の話です。

自分の好きな時に、自分の好きな場所で、稼ぎたいだけ

こんな夢のような働き方が実際に出来るのです。

少しの間勉強するだけで、【手に職がある】状態になります。

言葉だけ聞くと怪しい感じしますよね?(笑)

ただ、少しでも興味を持ったのなら私の拙い文章を最後まで読んでいただけると幸いです。

これは全て私の体験談となります。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

翻訳家という仕事とは?

翻訳家という仕事とは?

在宅翻訳アカデミーは名前の通り、自宅で翻訳の仕事をします。

その為にどのようにして翻訳をするのかというノウハウを学ぶのですが、その前に翻訳がどのような仕事なのかを今一度しっかりと知る必要があります。

皆さんは翻訳がどんなお仕事がおわかりですか?

翻訳家とは

翻訳家とは、よく勘違いされますが通訳とは別物です。

通訳との違いはまた後程説明するのでここでは端折ります。

翻訳家とは外国の言葉で書かれた本や取扱説明書等を日本語に直して、日本人が読んでも違和感のない文章にする仕事です。

翻訳家の仕事は英語のみならず、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語等まだまだ多くあります。

私達が在宅翻訳アカデミーで学ぶのは英語の翻訳ですが、それは一番需要があって一番稼ぎやすいからです。

仕事の依頼は絶えずありますから、仕事がなくなることはありません。

英語は世界で一番使われている言語なので、これからもっと需要が高まるはずです。

翻訳のやり方を学ぶことにより、今後の人生仕事に困ることはなくなります。

つまり「手に職がある」のと同じです。

翻訳の仕事はなくなることのない、安定したお仕事だということをおわかりいただけましたか?

翻訳の仕事の種類

翻訳の仕事は皆さんの思っている以上にたくさん存在します。

ほんの一例ではありますが、

①企業のマニュアル翻訳

②雑誌・記事の翻訳

③製品の取り扱い説明書の翻訳

④人気YouTubeの翻訳

これだけでもかなりの仕事量があることはわかりますよね。

今では様々な国で作られた海外製品もかなり多く入ってきますし、YouTubeに関しては世界規模の映像コンテンツです。

日常生活で何気なく目にしている翻訳文も、この在宅翻訳アカデミーを受講した方が翻訳しているかもしれません。

そう考えると翻訳って身近であり、私達の生活にはとても重要なものだと思い知らされます。

日本での翻訳需要

日本では翻訳の需要がなくなることはまず有り得ないと言っても過言ではありません。

それは何故だかわかりますか?

理由は一つ、「日本」だからです。

日本は他の国と比べてとても独特な国であるのは実感していますか?

日本の公用語は「日本語」のみです。

他の国では独自の言語がなかったり、複数の言語が飛び交っていたりと日本では考えられない事が当たり前に日常に溢れています。

でもそれは日本から見て考えられないだけであって、圧倒的に日本は少数派の国なのです。

英語はアメリカだけではなく、ヨーロッパ圏でもアフリカ圏でもアジア圏でもどこでも使われています。

それは植民地の関係だったり、国同士が隣接していることが大きな要因だと思います。

では日本ではどうでしょうか?

日本は島国なので隣接している国がありません。

そして植民地だった過去もありません。

北海道や沖縄など小さな範囲で独自の言葉がある事はありますが、基本的には「日本語」のみが公用語ですよね。

日本が島国だからこそ日本語しか広がらなかったのでしょう。

そして日本人の国民性からしても英語に関して消極的なタイプと言えます。

潜在的に苦手意識を持っている人が多い気がします。

ですから英語を学んでも喋れるようになることも少ないですし、端から「苦手」と思い込んでいるからこそ入りにくいのかもしれません。

そんな日本ですから、世界共通語と言われている英語が広がらなかったり親しみがないものとなっています。

これから先もいきなりその文化が変わることは考えにくい話です。

と言うことは、翻訳の仕事は絶えないということに繋がります。

なので一度学んでしまえば一生仕事に困ることはありません。

日本だからこそ絶えない仕事だというわけですね。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

翻訳家になる5つのメリット

翻訳家になる5つのメリット

翻訳家にはまだ人々に知られていない5つのメリットがあります。

このメリットを知れば、あなたもきっと翻訳家の良さに気づくはずです。

稼ぎたいだけ稼げる

翻訳家になると自分の好きな分だけ稼げることが出来ます。

プロの翻訳家としてデビューすると、絶えず仕事の依頼が舞い込んできますので、例えその依頼を断ったとしても次々と仕事の依頼がきます。

つまり自分で仕事量をコントロール出来るのです。

仕事をするしないはこちらの自由です。

ですから副業として働きたい人は1日1時間のスキマ時間で働いて月収10万程稼ぐ、浅野正憲さんのように年収1,000万円を目指したいという人は週休2日で1日5時間程度仕事をすれば夢ではありません。

今週は働かず来週は時間あるからガッツリ働きたい、そんな自由な働き方も出来ます。

自分のライフスタイルに合わせて稼ぎたいだけ稼げるのは翻訳の世界です。

時間という概念がない

翻訳家の仕事はサラリーマンとは違って勤務日数や就業時間という概念がありません。

仕事を受けてしまえばその“納期”というものはありますけど、納期を守ればいつどの時間に働こうがこちらの自由です。

私は家事と育児の合間に働いているので、それこそ翻訳の仕事をする時間はバラバラです。

時間どころか日数もその週によってバラバラでもちゃんと稼げています。

主婦目線で言うと、同じお子さんを持つお母さん達には本当にお勧め出来ます。

パソコン一台で夢のようなライフスタイルを送れる

翻訳家の仕事はパソコン一台あれば出来てしまいます。

場所も問わない為、自宅でもカフェでもどこでも仕事が出来ます。

時間だけではなく、場所にも縛られない仕事スタイルなので自由に仕事が出来るのです。

それが例え海外であろうと同じです。

中にはバックパッカーとして旅をしながら翻訳の仕事をしている人もいます。

憧れの生活がある人はそれを叶えるチャンスですよ。

高い英語スキルがなくてもプロの翻訳家になれる

英語の講師となると、人に教える為高い英語スキルが必要になります。

通訳となるとネイティブ並みの英会話力と豊富で幅広い知識量が必要になります。

同じ英語を扱う仕事だとしても、翻訳家は英語を話せる必要はありません。

英語スキルもTOEICで500点以上あれば十分に稼げる翻訳家になれます。

翻訳家に必要なのはある程度英語を読み取る力と、辞書や翻訳ツールの使い方です。

つまり“英語スキル”よりも“翻訳スキル”の方が重要ということです。

難しそうなのはイメージだけで、実はそこまで難易度は高くない仕事なのです。

需要が多くて、半永久的に稼ぎ続けられる

現在の日本では海外の製品が取り扱われることも珍しくありません。寧ろ年々増えています。

その製品の取り扱い説明は元々英語で書かれていることが多いのです。

その取り扱い説明書を日本人にもわかりやすく使いやすいように翻訳する仕事は需要が高まっています。

それに反して翻訳家の数が圧倒的に足りていません。

つまり供給が追い付いていないのです。

ですから今プロの翻訳家になると誰でも仕事が殺到することでしょう。

翻訳業界の市場規模は現在で2795億円で、年々大きくなってきています。

これは海外製品の輸入が増えているからです。

一度翻訳のスキルを身につけてしまえば、その後仕事がなくなることはまずありません。

定年後であろうと半永久的に稼ぎ続けられます。

プロになった後の仕事が保証されてると言っても過言ではありません。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

在宅翻訳アカデミーの運営会社、株式会社 Next Translationに怪しい噂は?

在宅翻訳アカデミーの運営会社、株式会社 Next Translationに怪しい噂は?

まずは在宅翻訳アカデミーの内容を語る前に在宅翻訳アカデミーの運営会社である【株式会社 Next Translation】についてお話しましょう。

株式会社 Next Translationはどんな会社?

始める前に調べるべきところは特定商取引法に基づく表記です。

ここにはその会社が記述すべき情報が全て書かれています。逆を言えばここがしっかりと記載されていない会社は悪質な会社と言うことになります。

詐欺を働くような会社であれば実在しない住所が書かれていたり、連絡先がデタラメだったり、終いには連絡先が書かれていないパターンもあります。

ですからこの特定商取引法に基づく表記をチェックすることは重要なのです。

株式会社 Next Translationに関して言えば、公式ホームページにしっかりと住所や電話番号など必要な情報が全て開示されています。

住所も電話番号もダミーではなく、真実の情報が書かれています。

この時点でもかなり安心出来る会社だと思います。

メディアに多数出演

株式会社 Next Translationと言われてもピンとこない人の方が多いと思いますが、在宅翻訳アカデミーという名前を聞いたことある人は結構多いのではないでしょうか。

それは何故かと言うと在宅翻訳アカデミーはあらゆるメディアに出ているからです。

テレビなどのメディア露出をはじめ、雑誌やインターネット、電車内の広告を打ったりしているので何気ない日常で目にしているのだと思います。

私はテレビで在宅翻訳アカデミーを知り、気になってすぐにインターネットで調べました。

これだけ多くのメディアが扱う在宅翻訳アカデミーですので、詐欺とは程遠いものだと言って間違いないでしょう。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

講師の浅野正憲に悪評はあるのか?

講師の浅野正憲に悪評はあるのか?

運営会社の次は講師の浅野正憲さんについてお話しましょう。

浅野正憲さんのプロフィール

1984年5月7日生まれ。兵庫県姫路市出身。

国立である広島大学経済学部・経済学科に通っていたそうです。

就職活動をしていた時に翻訳という仕事に出会い、翻訳スクールや通信講座など様々な方法で翻訳というものを学んだものの2年間もの間稼げない時期を経験したそうです。

翻訳の勉強をしながら日々研究を重ねた結果、現在の最短最速で翻訳家になれる独自の手法を確立しました。

そして3年目には念願のプロの翻訳家としてデビューしたのです。

浅野正憲さんの経歴

プロの翻訳家としてデビューした後は丁寧且つ迅速な仕事ぶりが評価されて誰もが知る超大手からの仕事依頼も殺到しました。

ほんの一部ではありますが、アップル・マイクロソフト・ソニー・ポルシェなどでも仕事をしたことがあるのです。

翻訳家として仕事をしながらも自分が見つけた独自の手法をもとに翻訳家を育成する在宅翻訳アカデミーを設立しました。

翻訳業界の健全化をモットーに設立した在宅翻訳アカデミーは、設立1年でプロの翻訳家を250名以上輩出し、中には最短40日でプロの翻訳家としてデビューする受講生や年収が1,000万円を超える受講生もいます。

画像1

自身も翻訳家として活動しながら受講者一人一人に寄り添い、明るく温和な人柄と親切で丁寧な指導が受講生の心を掴んでいるのでしょう。

私も実際に浅野正憲さんと接してみて、これだけ凄い人なのに気さくだし教え方も上手で、一気に信頼度が上がりました。

現在も年収1000万円をキープし続けながら、場所も時間も選ばない自由なライフスタイルを確立しています。

浅野正憲さんからのメッセージ

僕自身が経験した苦悩と挫折から、沢山の人を救いたい・本当に稼ぐことができる翻訳者を育てたいという思いで今回の在宅翻訳企業コミュニティを主催しました。

現在も翻訳者として仕事をしていますが、日々楽しく仕事をすることができています。自分が翻訳したものが世に出て、人の役に立っていることが、とても嬉しくやりがいを感じています。翻訳者は場所や時間に縛られずに働くことができるので、将来の可能性が広がります。

翻訳者としての働き方をもっと詳しく知りたい方のために、在宅で英語翻訳者になるため方法を無料で公開します。今まで英語を使って仕事をしたいと思っていた方、今仕事をしているけど転職や副業を考えている方。そんな方の力に少しでもなれたら嬉しいです。知って損はない特別な情報をお伝えしていきますのでぜひご覧ください。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

本当に失敗しない?気になる受講内容は?

本当に失敗しない?気になる受講内容は?

在宅翻訳アカデミーは1日1時間の勉強でOKというのはご存じですか?

しかも年齢・学歴・経験も全く関係ありません。

そんなことで本当に翻訳家になれるのか!?

はい、なれます。

いえ、なれました。

その受講内容とその流れをざっくりとですがご説明します。

翻訳者になる為の流れ

在宅翻訳アカデミーは基本オンライン受講となります。

インターネット環境の準備

WindowsでもMacでもどちらでも構いません。

インターネットの繋がる環境を準備します。

1日60分の時間を確保

オンライン形式での動画カリキュラムとなるので、パソコンでもスマホでもどちらでも大丈夫です。

スキマ時間でも平気ですから、朝の通勤で30分、夜の通勤で30分などでもOKです。

1日トータルで60分という時間を準備します。

翻訳の基本テクニックを習得

①メンバー限定サイトで翻訳文から訳文を作成するプロセスの解説動画を視聴

②翻訳のやり方を覚える

③用意された練習用英文で実際の訳文を作りメンバー限定サイトで動画を視聴しながら答え合わせをして翻訳力を鍛える

ここからは実際にテクニックを身につけていくカリキュラムとなります。

プロの翻訳者が講師となって、実際の翻訳文を訳しながら解説している動画を見て訳文を作るプロセスや思考力などを学んでいきます。

プロのテクニックをマネすることで翻訳力を鍛えていくのです。

翻訳者としてのマインドやテクニックを学ぶことが出来る上に、自信もつくので大きな成長が期待出来ます。

カリキュラム内容は下記の通りとなります。

・翻訳をする為に必要となる、辞書の効率的な使い方。

・プロの翻訳者としてデビューする為にの、翻訳会社のトライアル類似問題のレビュー

・海外企業ホームページ翻訳レビュー

・翻訳会社に提出する履歴書(CV)の書き方

・優良翻訳会社の選定方法

・一流翻訳者になるためのステップアップ

プロの翻訳家としてデビューへ

翻訳会社は日本のみならず世界中に多数存在します。

しかしちゃんとした会社を選ばなければ報酬が支払われなかったり単価の低い会社が存在します。

そういうところに引っかからず優良な会社と仕事が出来るように選定基準を明示してくれていますから、それに沿ってトライアルを受ける翻訳会社を選定します。

トライアルを受ける前に翻訳会社の書類審査に合格する必要があるのですが、そこでは英語が出来るアピールではなく翻訳の実績をアピールすることが合格のカギとなります。

高確率で書類審査に合格する独自の履歴書のコツがありますので、それを学んで履歴書を作り、添削を受けた後、実際の翻訳会社に提出します。

書類審査に合格すると次は翻訳会社のトライアルに挑戦します。

そこで合格するとプロの翻訳家としてデビュー出来るという仕組みです。

例えトライアルに合格しなくてもランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで稼ぎながらトライアルに合格するまで挑戦し続けられますので安心してください。

チャットでの情報交換

在宅翻訳アカデミーの特徴とも言えるのが、受講生同士でのグループチャットです。

これは期間中は無制限で利用出来ます。

こちらのグループチャットでは、プログラム内容に関する受講生同士の交流が出来るので、様々な意見交換や情報交換に利用されます。

わからないことや悩んでいることがあればここで相談出来ますから、心強く感じると思います。

チャットだからこそ住んでる場所なんて関係ないので、色んな人の意見や情報を得られる貴重な場となっています。

イベントやセミナーへ参加

受講生であれば月に一度行われるセミナーや作業会に参加出来ます。

それだけではなく、浅野正憲さんの翻訳イベントに参加も出来ますから、直接“年収1,000万以上稼ぐ翻訳家の仕事”を目にすることが出来るので、他の学校にはない大きな武器となるでしょう。

画像2

他にもチャット内で行われるトライアル合格の為のブートキャンプであったり、トライアル合格者限定のチャットであったりと多くの交流の場があります。

ここではより高単価なお仕事の紹介なども行われているので外せないところですね。

あらゆる面でのサポート体制がしっかりしているので、納得の合格率だと思います。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

詐欺かどうかは口コミの評判を見たら一目瞭然

詐欺かどうかは口コミの評判を見たら一目瞭然

本当に2ヶ月でプロの翻訳家になれるのかと不安に思う方もいることかと思います。

まだ在宅翻訳アカデミーを始めていないとその凄さが実感出来ない分、「こんな上手い話あるわけない」「本当は詐欺なんじゃないか」と疑ってしまう気持ちもわかります。

ここまで疑っていたわけではありませんが、私も在宅翻訳アカデミーを受講する前は徹底的に調べました。

その時に参考にしたのが受講生の口コミです。

ごはん屋さんを探す時に食べログを調べるのと一緒ですよね。

実際に受講した人達がどのように感じたのかを知る事が出来るので、とても参考になると思います。

受講生達の本音

ケース①

サラリーマン/男性/30歳

30歳になって、現在付き合っている彼女との結婚を真剣に考えた時に、正直今の給料で養っていけるのかと不安に思い副業を考え始めました。

通勤の電車で見かけた在宅翻訳アカデミーの広告を見て、自分が昔英語を楽しんで勉強していた事を思い出したのです。

どうせなら好きな事を仕事にしたい、今後の事を考えたら翻訳という仕事はずっと続けられそうなので思い切って受講を決めました。

受講を決めたものの2ヶ月でプロの翻訳家になれるとは信じていませんでした。

それでも毎日の通勤時間を利用してオンライン受講を受け、休日には講師との個別チャットでノウハウを教えてもらうのが想像以上に楽しくて夢中になっている自分がいました。

普段の生活に負担もなく、しっかりと学べている実感もあり、気づけば2ヶ月足らずでプロの翻訳家としてお仕事を頂けるようになりました。

仕事をしながらでもこうやって手に職を付けられるって現代社会の強い味方に感じますね。

もし翻訳の仕事が軌道に乗れば、こっちを本業にしたいくらい楽しく仕事しています。

ケース②

無職/男性/62歳

定年退職してもう2年が経ちました。年金をもらうにはまだ時間がありますのでアルバイト生活をしていましたが、正直割に合わないと感じていました。

テレビで見た在宅翻訳アカデミーに興味を持ち、どうせ時間もあることだからと妻の後押しも有り始めてみました。

年取ってからだと覚えも悪いのではないかと不安でしたが、わかりやすいカリキュラムと講師の説明の上手さに度肝を抜かれました。

それに交流イベントも意外と同世代がいてとても楽しかったです。

親身になってくれる講師のおかげで私でも翻訳家になることが出来ました。

これで悠々自適な老後が過ごせそうで、楽しみが増えました。

ケース③

トリマー/女性/28歳

今年に入ってからコロナの影響で仕事が激減してしまいました。

休みが増えて給料が減ってしまい、今後の生活に不安を覚えた時に母親から勧められたのが在宅翻訳アカデミーです。

母はテレビで知ったみたいで、現状生活に不安のある私にぴったりと思ったそうです。

恥ずかしい話ですが、コースの料金の半分は母が出してくれました。

母が出してくれた分、受講料金を無駄にするわけにはいかないと思い意気込んで初めてみましたが、正直頑張り過ぎなくても大丈夫です。

休みが多くなったので時間が出来た私は約50日でプロの翻訳者としてデビューする事が出来ました。

今では週3日翻訳の仕事をしていますが、本業よりも稼げています。

それでも本業が好きなので、本業を続けながら翻訳の仕事で稼ぎたいと思います。

あ、勿論母に払ってもらった分は翻訳の仕事で稼いだお金で返しました(笑)

ケース④

OL/女性/24歳

普通に大学を出て普通に就職をしたOLです。小さい頃の夢は通訳になることでした。

それでも通訳という仕事はハードルが高すぎて、夢は夢のまま終わってしまった過去があります。

雑誌で在宅翻訳アカデミーを見た瞬間、あの頃の夢を思い出しました。

通訳とは違う仕事ではありますけど、英語に携われる仕事がしたい、またそう思ったのです。

迷うことなく在宅翻訳アカデミーのマンツーマンサポートコースの受講を決めて翻訳家になる決意をしました。

少しブランクがあったものの、そこは全く問題ありません。

翻訳者として働くには英語スキルよりもノウハウが大事なのは受講してて伝わります。

浅野講師の教え方もわかりやすくて、英語を勉強していなかった人でもきっとわかりやすいと思います。

プロの翻訳者として仕事がもらえてる今、とても充実した毎日を過ごしています。

好きなことが仕事になって本当に良かったです。在宅翻訳アカデミーを選んで正解でした。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

在宅翻訳アカデミーの料金はこちら

在宅翻訳アカデミーの料金はこちら

在宅翻訳アカデミーは2種類のコースがあります。

その2種類がどう違うのかを比較してみましょう。

在宅翻訳アカデミー

こちらの料金は税抜きで298,000円です。

受けられる受講スタイルは下記になります。

1.会員サイトの提供

2.浅野正憲や認定講師によるグループチャットでのサポート(期間中質問無制限)

3.CV(履歴書)の添削サービス

4.月1回の勉強会&懇親会

5.交流イベント(2ヶ月に1回程度)

6.トライアル合格奪取!ブートキャンプ参加権利(毎月開催/参加条件あり)

7.トライアル合格者限定チャットに無料招待(仕事紹介や合格者限定の勉強会や交流会)

8.トライアル合格後に役立つ様々な講義&セミナー(※有料のものもあり)

9.浅野正憲完全監修!翻訳する上で欠かせない翻訳メモリと用語集の提供(※有料

こちらでも十分プロの翻訳家になるノウハウを学べます。

在宅翻訳アカデミー マンツーマンサポートコース

こちらの料金は税抜きで498,000円です。

受けられる受講スタイルは下記になります。

1.在宅翻訳アカデミーの内容全て

2.自身に合わせた稼げる翻訳者になる為の個別カリキュラム作成

3.浅野正憲、認定講師との個別チャットによる無制限マンツーマンサポート

4.認定講師による週1回60分の直接指導(計24回)(ZOOMを使ったオンライン通話でも可能)

5.浅野正憲完全監修!CV添削

在宅翻訳アカデミーの内容プラスで更にこれだけの内容を受講出来るこちらのコースは、在宅翻訳アカデミーコースよりも濃厚な分、より早くプロの翻訳家としてデビュー出来るコースです。

短期集中で翻訳家デビューしたい方はこちらがお勧めです。

支払い方法

支払い方法も2種類あります。

銀行振り込み、またはクレジットカード決済です。

クレジットカードだと手数料はかかってしまいますが、分割での支払いが可能になります。

決して安い金額とは言えない値段ですので、負担にならないクレジットカードでの支払いもありがたいですね。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

まとめ

まとめ

以上が私が皆さんに伝えられる全てです。

拙い文章でわかりにくいかもしれませんが、少しは興味出ましたか?

このような文章を書くのが初めてなもので上手く説明出来ていないかもしれません。

それでも私は実際に在宅翻訳アカデミーを受講し、翻訳家として仕事が出来るまでになった今、「今までで一番有意義なお金と時間の使い方をしたな」と思いました。

確かに安い金額とは言えない額ですが、実際にプロになって稼げるようになってしまえば数か月で元が取れる金額ですし、本来何年もかかるところを2ヶ月でプロになって稼げるようになるのはこの在宅翻訳アカデミーだけです。

元々はもっと時間もお金もかかっていたところが、これだけで済んだなんて本当にお得だと思います。

正直専業主婦の私が家事・育児をしながらここまで出来るとは思っていませんでした。

それでも忙しい毎日の中、コツコツとスキマ時間に勉強するだけで特別英語が得意なわけではない私がプロの翻訳家になれたのです。

この凄さは人に言わずにはいられません(笑)

今後も半永久的に稼げる翻訳という仕事の魅力、皆さんも味わってみませんか?

きっと今よりも充実した人生になりますよ。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ