翻訳家と通訳との違い

翻訳家と通訳との違い

翻訳家が一番勘違いされやすいのは通訳という仕事です。

勘違いされやすいのに、実は大きな違いがたくさんあります。

ここではその違いを解説していきますね。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

通訳との違い

こちらも4つの観点から翻訳家と通訳の違いを比較していきます。

仕事時間

通訳の仕事も英語講師と同じでクライアントありきの仕事です。

寧ろ英語講師よりももっとクライアント第一主義となりますので、勤務時間の変動どころかクライアントに付きっきりとなりますので自由な仕事は出来ません。

相手次第で仕事の時間も変わってきますから自由さは全くありません。

好きな時間に仕事をするのはまず不可能でしょう。

英語力

英語に関わる仕事の中で一番高い英語スキルが必要になるのはこの通訳という仕事です。

TOEICで満点レベルの英語スキルが必須となります。

かなり英語を勉強している人や、小さい頃から英語を話してきたような人でないとまず無理かもしれません。

「英語が好きだから」という理由でなれる程簡単な世界ではありません。

翻訳家の倍以上の英語スキルがないとまず無理と言えます。

競合

通訳になるにはネイティブ並みの英会話力と幅広い知識が必要となります。

「習う英語」にはなく、「話す英語」でしか出てこない言葉もたくさんありますので知識量が必要となります。

参入敷居が高いので競合は少ないでしょう。

ですが通訳を使う人自体多くはないので、仕事量が圧倒的に少ないです。

その為仕事の取り合いになることもあります。

稼げる人と稼げない人に差が出てきてしまう世界です。

難易度

ネイティブ並みの英会話力と豊富な知識が必要な為、一番難易度が高いです。

その場で聞いてすぐに変換する特殊なスキルが必要ですので、間違いなくハードルが高い仕事でしょう。

まとめ

英語を扱う仕事の中で断トツハードルの高い仕事です。

簡単になれないどころか、どれだけ勉強してもなれるのは一握りの人間かもしれません。

通訳になる近道は小さい頃からの英才教育か、小さい頃からの英語圏内での生活と言えるくらい難しい仕事です。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る